仮想通貨は何歳以上なら取引できるか

多くの投資商品には、年齢制限があります。未成年者の場合は口座開設できないケースもありますから、注意が必要です。仮想通貨という投資商品にも年齢の制限はありますが、それでも他の商品よりは早い段階でスタートできます。

20歳以上でないと口座開設が難しい事も

証券会社で口座を作る時などは、20歳以上でないと断られてしまう事があります。そもそも証券会社の口座を作るなら、審査も受ける必要があります。投資経験や保有財産などの審査基準がありますが、年齢も確認される訳です。20歳以上でないと、口座開設できないケースもあります。
そもそもコンビニでアルコールなどを買う時にも、年齢確認があるでしょう。20歳以上でないと、お酒類などを買うことはできません。
投資商品の場合、リスクがあります。資産が大きく減ってしまうリスクがあるので、金融会社としても慎重に審査を行っている訳です。

18歳以上なら登録できる仮想通貨の取引所

ところで仮想通貨で取引するためにも、やはり登録手続きを踏む必要があります。基本的には取引所に情報を送信した上で、登録することになるのです。ただ仮想通貨の場合は、比較的低めな年齢でも登録することはできます。
取引所の場合、18歳以上なら登録できる事が多いです。外貨の投資商品のように、20歳以上になっているとは限りません。比較的早い段階で投資取引できるのは、仮想通貨のメリットの1つです。
ただし多くの取引所では、証明書も必要です。親権者との関係が分かる証明書は提出する事になるので、注意が必要です。

取引所によっては20歳以上になる

ただし、それも取引所に左右されます。確かに多くの取引所は18歳以上とルール設定していますが、20歳以上になっている取引所もあるからです。
取引所は、それぞれ考え方も異なります。年齢に関するルールは、必ずと言って良いほど取引所の公式サイトで明記されていますから、登録する前に確認しておくと良いでしょう。

当日中には取引をスタートできる

また仮想通貨の場合は、比較的スムーズに取引できるメリットもあります。申し込みをした当日には、取引可能だからです。
他の投資商品の場合は、必ずしも当日中に取引できるとは限りません。取引するためには、数日ぐらいかかってしまう事もあります。肝心のパスワードなどが郵送されますから、翌日以降になるケースも多いです。
それに比べると、仮想通貨は速やかに取引を始めることができます。スピーディーに取引を開始できるのも、仮想通貨の大きなメリットの1つです。

投稿日:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です